ご挨拶


あなたをDuranno父の学校にご招待します。

父の学校

今まで父の学校を通してお父さんたちに施してくださった神様の恵みが多かったです。
私たちは神様の恵みを食べて生きて行く存在であることを知らなければなりません。
もし、その方の恵みを知らないまま生きているなら、ただただ自分自身の努力だけで 暮さなければなりません。


喉の渇きを感じる時、水がないからではなく、水を飲まないから感じる場合もあります。
現代を生きていく大勢の父親がひどい喉の渇き感じています。
水がないからではなく、本当に水辺に行っても水を飲まないからくる喉の渇きです。


父の学校は水がある泉のようなところです。
私の喉の渇きが解決すると、妻と子どもの喉の渇きも理解できます。
今年も大勢の父親が水がある泉にいらっしゃって生きている水を飲んで、家庭が回復する祝福が あることを期待します。